face to face (FTF)~東日本大震災リハネットワーク~はリハビリテーション専門職による有志の
ボランティア団体です。
震災から3年目を迎え、全国から来られるボランティアさんから「仮設住宅はまだ、あるのですか?」
と聞かれます。もちろんまだあります。

被災した多くの方々は未だ再建できず、不自由な仮設住宅での避難生活を余儀なくされているのです。
そして長期間に亘る避難生活、被災による役割の喪失等の問題から、身体機能、認知機能が低下し、
加えて不眠、抑うつ状態の方も多くなっています。
被災した住民の方々が主体的に再建やコミュニティ形成を果たすためには「健康」が不可欠です。

そして「健康」を守る支援を継続していくためには、専門知識を持ったボランティアさんが医療過疎で
ある被災地では求められています。
「今更」とは思わず、これからも多くのボランティアさんにご支援いただき団体の活動を存続していき
たいと考えています。

FTF代表 作業療法士 景山信子