私たちの最終目標は「被災地域の自立」を見届けること。

現地の医療・福祉体制が整い、
そこで生きる人たちが
健やかに生活できる環境が生まれるまで

必要な支援を行っていきたいと思っています。

ただし、復興の主役はあくまで「現地の人々」です。
私たちは余分な介入を行いません。

現地における(そこに新たに生まれる)
医療・福祉体制の流れを乱すことなく、
現地に生きる人々の意思を尊重した支援を行います。


また、私たちは他の被災地支援団体の動きを乱すこともしません。
私たちがしたいのは「協力」です。
手が届かない・力の足りない部分があれば声をかけてください。
私たちにできるサポートを行います。

私たちは、求められたことに真摯に取り組みます。
そして「必要なこと」にも。