テーマ「次の災害に備える」
サブタイトル 「石巻市では、何が起こっていたのか」

1.目的
 東日本大震災において広大な面積を被災した石巻市において、
 地域のリハビリ関係者はもちろん、理学・作業療法士会、
 その他他地域からの団体など、数多くの組織、団体が支援に訪れた。
 それぞれの、立場を共有し、また振り返ることで、
 次の災害時に効果的に動けるためにはどうすればいいのか考える。

2.日時
 平成24年9月15日 13:40~16:00

3.場所
 大井町きゅりあん

4.ゲスト
 ①東部保健福祉事務所 武田理学療法士
 ②PCAT 横瀬理学療法士
 ③キャンナス 菅原理学療法士

5.参加費
 無料

6.タイムスケジュール
 13:00 開場、受付

  第一部 それぞれの立場での動きについて
 13:40 オープニング 挨拶
 13:45 東部保健福祉事務所 武田理学療法士
 13:05 PCAT 横瀬理学療法士
 14:25 キャンナス 菅原理学療法士

  第二部 シンポジウム
 14:50 次の災害に向けて 
・機能したこと・しなかったこと、改善の策は?
・今からできる備えは?
 座長:藤本幹雄(FTF代表)
 シンポジスト:武田理学療法士 横瀬理学療法士 菅原理学療法士 橋本理学療法士(FTF副代表)
 16:00 終了
 17:00 懇親会

今回は、これまでに例をみないほど、密度の高い報告となるものと自負しております。
理由は、石巻に絞っていること、現地で長期間支援していた方、行政、民間、県士会などど連携して支援し、コーディネートしていた方だからです。

まだまだ、表に出てないことがまだまだあります。
記憶だけではなく、記録し、皆さまの故郷、住まいの防災に役立てて頂ければ幸いに存じます。

お申込みは、以下のメールアドレスまでお願い致します。
ftf.ishinomaki@gmail.com